インデックス投資は投資の大敵「欲」と「恐怖」に打ち勝てる

インデックス投資は、比較的、運用成績がメンタルに左右されない投資法と言えます。

投資とメンタルは切っても切り離せない

投資においては、メンタルというものが非常に重要になります。投資をしていると、欲や恐怖といったものに自分の行動が支配されてしまうことがあります。自分をコントロールできずに、自分が思っている通りに行動できないのです。
投資の大敵とも言える欲と恐怖、これに打ち勝つことが投資で勝つためのファクターのひとつであることは紛れもない事実です。

株やFXのデイトレード等をやったことがある方は、このことをよく理解できるのではないでしょうか。いくらファンダメンタルズ分析やテクニカル分析がうまくできていても、その分析通りにトレードができなければ、何の意味もありません。
恐怖のために、大きな利益を得られるだろう千載一遇のチャンスを逃すことになるかもしれませんし、欲が出てしまったために、含み益を抱えていたポジションが大きな損失を抱えるポジションに変わってしまうかもしれません。

短期的なトレードでは、常に売買のタイミングを探る必要があります。チャートを注視し、自分が狙っているポイントになったらポジションを持ち、また利確や損切りをしなければなりません。
このような投資法は、短期間で利益が得られる可能性がある一方で、チャートに束縛されてしまったり、トレードを行うことで大きなストレスを抱えてしまうこともあります。含み益が出ている場合には、それほど気にならないかもしれませんが、含み損を抱えてしまっている場合は、どのポイントで損切りをしようか、このままどんどん損失が大きくなってしまうのではないかなどと自分のポジションが気になって仕方がないことがあります。

このようにストレスを抱えてしまうと、適切な行動がとれず、良いトレードができませんし、私生活に影響を及ぼすこともあります。とにかく精神衛生上よくありません。

インデックス投資はストレスフリー

こんなストレスは抱えたくないという方にとって、インデックス投資は便利な投資法かもしれません。
インデックス投資はバイ・アンド・ホールドを用いた長期運用が基本となります。ということは、デイトレードのように短期売買を繰り返すこともありません。初めから長期的な資産運用を目的としているために、売買のタイミングを探る必要がないからです。
投資を始めたばかりの頃は、市場の上げ下げに感情が左右されることもあるかもしれませんが、長い目で見てジッと我慢しましょう。慣れてくると静観することができるようになります。

また、インデックス投資は、自分の分析を基にポジションを持つデイトレードとは違い、機械的にファンドの口数を積み立てていくことでポジションを増やしていきます。積立投資は、機械的に行動するため、メンタルにその成績が左右されることがありません。
この点は、インデックス投資の隠れたメリットと言えるかもしれません。投資でストレスを抱えたくないという方や、メンタルが原因で勝てないという方は、インデックス投資を検討してはいかがでしょう。

2012年11月11日
カテゴリー:インデックス投資

インデックス投資の基本戦略はバイ・アンド・ホールド

投資手法のひとつに「バイ・アンド・ホールド戦略」というものがあります。
これは、一度金融商品を購入したら、それを売らずに長期保有するという非常にシンプルでだれにでもできる簡単な投資法です。少々荒っぽい言い方をすれば、ほったらかしということです。
バイ・アンド・ホールドと言えば、割安株を購入し長期保有することで資産を築いたウォーレン・バフェットが有名ですが、インデックス投資においても、このバイ・アンド・ホールドが基本的な戦略となります。

代表的なバイ・アンド・ホールドのメリットとしては、①誰でも簡単に行えること、②コストがかからないことの2点が挙げられます。

誰でも簡単に実践できる

バイ・アンド・ホールドはその名の通り金融商品を持っているだけという投資法ですので、タイミングを計って積極的に売買する必要がありません。つまり、常にチャートとにらめっこをするような必要がないということです。

売買のタイミングを計ってトレードをする投資法を「マーケット・タイミング」と言いますが、この方法で投資を行う場合には、非常に複雑な分析が必要であり、投資初心者がすぐに始められるものとは言えません。更には、投資のプロと呼ばれるような人でも売買タイミングを誤ることは往々にしてありますので、投資初心者であれば尚更リスクの高い投資法となります。

また、株やFXのデイトレードのようなマーケット・タイミング戦略をとって投資をした経験がある方はよく分かると思いますが、このようなトレード法は非常にストレスがかかります。このストレスから解放されるということもバイ・アンド・ホールドのメリットと言えるでしょう。

低コストで済む

マーケット・タイミングでは、タイミングを計って積極的に売買することから、それだけ多くの売買手数料を負担しなければなりませんし、売買を通して利益が出れば、当然その利益に対して税金を払わなければなりません。
バイ・アンド・ホールドを投資戦略として採用した場合でも、アセットアロケーションを調整するリバランスは必要ですが、マーケット・タイミングに比べれば、売買回数は非常に少なくなります。つまり、それだけコストがかからずに済むということです。

初心者にもピッタリ

インデックス投資では、インデックスファンドやETFのバイ・アンド・ホールドを基本戦略とします。低コストで誰でも簡単に実践できる手法ですので、投資初心者やトレードのストレスをできるだけ感じたくないという方にはおすすめの投資法です。

2012年11月4日
カテゴリー:インデックス投資

買うだけで資産運用できる!インデックスファンドとは

資産運用に最適なインデックス投資ですが、インデックス投資にはインデックスファンドが不可欠です。

市場平均と同じ値動きをする

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIX等の特定のインデックス(指数)に連動することを目指して運用される投資信託のことです。株式や債券等の代表的な指数、つまりは市場平均と同じ値動きをする投資信託と考えると分かりやすいと思います。
ということは、ベンチマークとなっているインデックスが上昇すれば投資信託の基準価額(価格)も上がりますし、インデックスが下落すればインデックスファンドの基準価額も下がることになります。

低コストで買いやすい

インデックスファンドの大きな特徴として、コストの低さが挙げられます。
インデックスファンドでは、販売手数料がかからないノーロードファンドが当たり前で、投資家は購入するときの手数料は全く負担する必要がありません。
また、信託報酬も市場平均以上のリターンを目指すアクティブファンドとは比べ物にならない程低くなっています。アクティブファンドでは年率3%程度の物までありますが、インデックスファンドでは概ね年率0.3%程度となっています。
これだけ低コストであれば、投資初心者の方の入門用としてもピッタリだと思います。

超定額から購入可能

もちろん他の投資信託と同様、少額から購入することができますので、毎月積み立てていくには最適な金融商品と言えます。一般的には、最低10,000円から、証券会社の自動積立サービスを利用すれば、1,000円から購入可能です。また、証券会社によっては、500円のワンコインから積み立てることもできますので、かなり購入しやすいのではないでしょうか。

インデックス投資は、インデックスファンドを購入することから始まります。
「インデックス投資=インデックスファンドの積立」
まずは、このように覚えておきましょう。

2012年10月30日
カテゴリー:インデックス投資

このページの先頭へ