日本版ISAを利用して節税する

日本版ISA(少額投資非課税制度)とは、株式や投資信託への投資に際して生じた利益が非課税となる仕組みのことです。

日本版ISAは、英国で普及しているISAを参考にしており、2014年1月1日より開始されます。

通常、株式や投資信託等から生じる利益には税金がかかります。現在は10%の軽減税率となっていますが、2014年1月1日からは、20%の税率になる予定で、これに伴って創設されるのが、日本版ISAです。

ISAの利用で節税が可能に

日本版ISAの実施期間は、2014年から2023年までの10年間で、投資を始めた年から5年間の配当所得、譲渡所得が非課税となります。2014年に利用した分は2018年末まで非課税となり、2015年に利用した分は2019年末まで非課税となるといった具合です。

非課税となる投資枠は、毎年最大100万円、総額500万円となっており、それを超えた額の利用はできません。また、1年間の投資額が100万円に足りなかった場合でも、その投資を行わなかった非課税投資枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

リバランスには最適

日本版ISAを利用すれば、5年間は投資信託の売却益も非課税となります。インデックス投資はバイ・アンド・ホールドの長期保有が基本ですので、あまりそのメリットを享受できないように思うかもしれませんが、ポートフォリオのリバランスを行う際には大きなメリットを得ることができます。

リバランスを行う際には、通常、保有比率が高くなったアセットクラスを売却し、保有比率が低いアセットクラスを購入します。ということは、資産売却時に利益が出れば、その利益に対しては税金がかかることになります。

しかし、ISA口座を利用していれば、売却時に利益が出ても非課税となりますので、インデックス投資家にとっても非常においしい制度と言えます。

日本版ISAでは、投資の敵とも言える税金をカットすることができますので、コスト削減のために上手く利用していきましょう。

2013年2月17日
カテゴリー:投資の基礎知識

優れた投資信託を見つけられるシャープレシオとは

シャープレシオとは、投資の効率性を計る指標で、リターンを得るためにどれほどのリスクを取っているかを計測するものです。

シャープレシオは投資の効率を表す

シャープレシオは、投資信託の優劣を比較する場合に用いられることが多く、数字が大きい程、効率よくリターンを上げており、より優れた投資信託だと判断されます。

シャープレシオは、「(ファンドの平均リターン-安全資産利子率)÷リスク(標準偏差)」で求められます。安全資産利子率は、リスクフリーレートなどとも呼ばれますが、リスクのない安全資産が生み出すリターンのことを言います。

リスクを持たない資産のリターンを除くことで、リスクのある資産のリターンのみが算出されるわけですが、投資をする以上、リスクのない資産のリターンを上回らなければ意味がないので、このような式になります。

シャープレシオを比べてみる

シャープレシオは上記の数式で求められますが、具体例を用いて、その使い方を見てみましょう。以下のような2種類のファンドがあるとします。なお、ここでのリターンは安全資産利子率を除いたものとします。

  • ファンドA:リターン…5%、リスク…10%
  • ファンドB:リターン…5%、リスク…20%

この2つのファンドは、どちらもリターンが5%なので、どちらのファンドに投資をしても、結果的には同じだけの投資成績を上げられたことになります。しかし、投資効率といった視点から見てみると、結果は異なります。

ファンドAはリスクが10%となっており、ファンドBの20%を下回っています。ファンドAに投資すれば、ファンドBほど高いリスクを背負わなくとも、同じリターンを得ることができました。つまり、ファンドAに投資をした方が効率が良かったということになります。

これを分かりやすく数値で表したものがシャープレシオです。両者のシャープレシオを算出してみると、以下のようになります。

  • ファンドA:シャープレシオ…0.5
  • ファンドB:シャープレシオ…0.25

この結果を見ても分かるように、シャープレシオは数値が大きいほど、投資効率が高いことを示しています。ということは、シャープレシオが大きいファンドほど優れたファンドだということになります。

シャープレシオがマイナスの場合は絶対値を見る

リターンがマイナスのときには、シャープレシオもマイナスになります。シャープレシオがマイナスの場合には、シャープレシオがプラスの場合とは逆で、リスクが大きいほど、シャープレシオも大きくなるので注意してください。

それでは、以下のような例を見てみましょう。

  • ファンドC:リターン…-5%、リスク…10%
  • ファンドD:リターン…-5%、リスク…20%

このようなファンドCとファンドDがあるとすると、それぞれのシャープレシオは以下のようになります。

  • ファンドC:シャープレシオ…-0.5
  • ファンドD:シャープレシオ…-0.25

ファンドCの方がファンドDよりシャープレシオは小さくなっています。しかし、リスクを見てみると、リスクもファンドCの方が小さくなっているため、ファンドCの方がファンドDよりも優れているということになります。

つまり、シャープレシオがプラスの場合は、優れたファンドほど数値が大きくなり、シャープレシオがマイナスの場合は、優れたファンドほど数値が小さくなります。

少々分かりづらいので、シャープレシオを見るときは、プラスとマイナスを考えずに絶対値を比べてみてください。

インデックスファンドを選ぶ際にはシャープレシオよりコストを比べる

シャープレシオを比べることで、より優れたファンドを見つけることができるのは事実です。しかし、インデックスファンドは、指数に連動するよう運用されているのですから、同じアセットクラスのインデックスファンドを選ぶ際には、シャープレシオで比較する必要はありません。それよりもコストや純資産額で投資先を選ぶようにしましょう。

インデックス投資でシャープレシオを考えるべきなのは、アセットアロケーションを行う場面においてです。同アセットクラスのファンドを比べる際にシャープレシオを見る必要はありませんが、ポートフォリオ全体のパフォーマンスを見る場合には、当然インデックス投資でもシャープレシオが高いに越したことはありません。

といっても、ポートフォリオ全体のシャープレシオを算出し、それを比較するのは、手間ですし容易ではありませんので、アセットアロケーションを行う際には、このようなサイトを利用して、より優れたポートフォリオを目指しましょう。

2013年2月5日
カテゴリー:投資の基礎知識

資産の運用先を決める方法

資産運用の方法と言っても様々です。
資産運用と聞くと投資をイメージされる方が多いかもしれませんが、預金も立派な資産運用ですし、投資の中にもいろいろな方法があります。

それでは、どのように資産の運用先を決めれば良いのでしょうか。
ここでは、資産運用に際して何を考えるべきかについて触れていきたいと思います。

リスクとリターン

資産運用の方法を決めるうえで、まず考えるべきは、リスクとリターンです。
当然ですが、金融商品にはそれぞれ特徴があり、リスクやリターンが異なります。高いリターンが期待できるものもあれば、リスクが小さく安定的な運用が期待できるものもあります。

投資の世界では、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンが原則です。
リスクが高いものはリターンも高く、リスクが低いものはリターンも低い傾向にあります。リスクが低く高いリターンが期待できる金融商品はありません。

例えば、預金は元本が保証されているため、非常に低いリスクで運用できます。しかしその一方で、わずかな金利しか得られませんので、リターンも非常に低いと言えます。
次に株式について考えてみましょう。株式は価格の変動が大きく、それだけリスクが高い金融商品ですが、値上がりしたところで売れば、売却益という高いリターンが期待できます。

このように、金融商品や投資法でリスクとリターンは異なってきますので、それぞれの特徴をしっかり理解して運用先を決定しましょう。ちなみに一般的な金融商品を考えると、預金は最もローリスク・ローリターンで、次に債券、株式はハイリスク・ハイリターンとなります。レバレッジを効かせて、小さな資金で大きな利益が期待できる為替投資法であるFXは、最もハイリスク・ハイリターンと言えるでしょう。

人には、向き不向きがある

「リスクとリターンを考えて、実際に資産の運用先を決定したから、あとは実際に実行すればOK!」なのですが、もうひとつ頭に入れておかなければならないことがあります。
それが、投資家自身の性格です。

人間にはそれぞれ生まれ持った性格があります。性格が向き不向きを生むのですが、これは非常に厄介な問題です。
例えば、過度なリスクを背負いたくないから、インデックス投資で長期的な運用をしようと考えているとしましょう。実際にインデックス投資を行ってはみたものの、毎月積み立てるだけで退屈過ぎるため、当初予定していなかった売買を繰り返してしまう…このような方は、インデックス投資のような長期運用より、株式やFXのデイトレードのような投資法の方が向いているかもしれません。

このように、性格が邪魔をして計画通りに動けないということは往々にしてあります。もちろん慣れもあるでしょうが、性格を変えるということは非常に難しいものですので、別の資産運用方法を考えた方が良いケースもあるでしょう。

これは、性格とともにライフスタイルについても同様のことが言えます。短期間でお金が欲しければ、長期運用は向いていないでしょうから、インデックス投資よりもデイトレードを行った方が良いかもしれません。

資産運用の方法は様々ですが、以上の点を考慮して、自分にピッタリの運用先を探してみてください。

2012年11月17日
カテゴリー:投資の基礎知識

このページの先頭へ