大きな利益を狙えるブルベアファンドとは

ブルベアファンドとは、先物やオプションに投資をすることによって、投資対象とする指数の変動率の2倍や3倍のリターンを目指すファンドのことで、投資対象となる指数が上昇した場合だけでなく、下落した際にも利益を上げることができます。

インデックスと同じ方向に動くブル型、逆の方向に動くベア型

ブル型ファンドは、投資対象の指数が上昇した場合に、その指数の変動率の2倍程度の上昇を見せます。

一方、ベア型ファンドは、投資対象の指数が下落した場合に、その指数の変動率の2倍程度の上昇を見せます。

ブルとは牡牛のことで、牡牛が角を下から上に突き上げる姿から、投資の世界では上昇相場を表します。対するベアとは熊のことで、熊が爪を上から下に振り下ろす姿から、下落相場を表します。このことを覚えておくと、ブル型ファンドをベア型ファンドがそれぞれどのような動きをするものなのかイメージしやすいのではないでしょうか。

先物やオプションに投資をしていることから、レバレッジを効かせることができますので、投資対象としている指数以上の値動きを見せるのも大きな特徴です。

指数の2倍の値動きを見せるものが一般的ですが、中には、3倍の値動きを見せる投資信託もあります。

ブルベアファンドは、インバース型ETF・レバレッジ型ETF と同様、指数の変動率に一定倍率をかけた値動きとなります。そのため、指数の複利効果により、投資対象の指数とは乖離した値動きを見せますので、注意が必要です。

※これらの値動きについては、こちらのページを参照してください。

ブルベアファンドならではのデメリットには注意が必要

ブルベアファンドは、株式指数等のインデックス以上の値動きを見せますので、大きな利益を狙うことができます。また、ベア型ファンドを利用すれば、下落相場においても利益を得ることができますので、上手く活用することで、どのような相場環境においても利益を狙うことができます。

しかし、当然のことながら、ブルベアファンドもメリットだけではありません。インデックス以上の値動きを見せるということは、大きな利益を狙える反面、それだけ大きな損失を被る危険性もありますので、注意が必要です。

また、インデックスとは乖離した値動きを見せるということもあり、長期投資に向いている投資信託ではありません。

ブルベアファンドへの投資は、あくまでも短期的な取引と考えて、時には損切りをすることも覚悟しておきましょう。

2013年2月25日
カテゴリー:投資信託・ETF

このページの先頭へ