年齢によって資産配分が変わるライフサイクルファンドとは

「じぶん年金」や「貯蓄から投資へ」といった言葉をよく見聞きするようになりましたが、そのような中、近年、ライフサイクルファンドというタイプの投資信託が話題になっています。

ライフサイクルファンドとは

ライフサイクルファンドとは、投資家の年齢やライフサイクルに応じてアセットアロケーションを変更できるバランスファンドのことです。アセットアロケーションを変更することで、リスクやリターンを調整することができます。

一般的に若い世代は株式を中心とした積極的なアセットアロケーションを組み、年金世代のような老年投資家は債券を中心とした安定的なアセットアロケーションを組むべきとされています。つまり、年を取るに連れて、ハイリスクハイリターンからローリスクローリターンのアセットアロケーションに推移していくことが望ましいということです。

ライフサイクルファンドは、投資家の年齢やリスク許容度に応じてその資産配分を変えられるという点で、リスクやリターンの変更を容易にしています。

ターゲットイヤー型とターゲットリスク型

ライフサイクルファンドはファンド・オブ・ファンズの形態をとっているのが一般的で、ライフサイクルファンドには、ターゲットイヤー型とターゲットリスク型という2つのタイプがあります。

ターゲットイヤー型

ターゲットイヤー型は、リタイヤを見据えた運用を行うタイプで、投資家の退職年齢に合わせて自動的に資産配分を変更してくれるというものです。

投資家は、ファンド購入時に目標とする年(ターゲットイヤー)を設定します。ターゲットイヤー型のファンドでは、このときに設定されたターゲットイヤーに合わせて、ファンドの投資先を株式から債券中心にシフトしていきますので、投資家が何もしなくても、リタイヤが近づくにつれて自動的にリスクを抑えた資産運用をすることになります。

ターゲットリスク型

ターゲットリスク型は、リスクの異なる複数のファンドの中から、投資家のリスク許容度に合ったファンドを選択するというものです。ファンド間の乗り換えをスイッチングと言いますが、スイッチングには手数料がかからないのが一般的ですので、無料で投資するファンドを変更することできます。

ターゲットイヤー型のように、自動的にリスクが変更されることはありませんが、投資家自身の裁量でスイッチングできますので、年齢の他にも市場の環境に応じてリスクとリターンを調整することもできます。

2013年2月24日
カテゴリー:投資信託・ETF

このページの先頭へ