日本版ISAを利用して節税する

日本版ISA(少額投資非課税制度)とは、株式や投資信託への投資に際して生じた利益が非課税となる仕組みのことです。

日本版ISAは、英国で普及しているISAを参考にしており、2014年1月1日より開始されます。

通常、株式や投資信託等から生じる利益には税金がかかります。現在は10%の軽減税率となっていますが、2014年1月1日からは、20%の税率になる予定で、これに伴って創設されるのが、日本版ISAです。

ISAの利用で節税が可能に

日本版ISAの実施期間は、2014年から2023年までの10年間で、投資を始めた年から5年間の配当所得、譲渡所得が非課税となります。2014年に利用した分は2018年末まで非課税となり、2015年に利用した分は2019年末まで非課税となるといった具合です。

非課税となる投資枠は、毎年最大100万円、総額500万円となっており、それを超えた額の利用はできません。また、1年間の投資額が100万円に足りなかった場合でも、その投資を行わなかった非課税投資枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

リバランスには最適

日本版ISAを利用すれば、5年間は投資信託の売却益も非課税となります。インデックス投資はバイ・アンド・ホールドの長期保有が基本ですので、あまりそのメリットを享受できないように思うかもしれませんが、ポートフォリオのリバランスを行う際には大きなメリットを得ることができます。

リバランスを行う際には、通常、保有比率が高くなったアセットクラスを売却し、保有比率が低いアセットクラスを購入します。ということは、資産売却時に利益が出れば、その利益に対しては税金がかかることになります。

しかし、ISA口座を利用していれば、売却時に利益が出ても非課税となりますので、インデックス投資家にとっても非常においしい制度と言えます。

日本版ISAでは、投資の敵とも言える税金をカットすることができますので、コスト削減のために上手く利用していきましょう。

2013年2月17日
カテゴリー:投資の基礎知識

このページの先頭へ