資産の運用先を決める方法

資産運用の方法と言っても様々です。
資産運用と聞くと投資をイメージされる方が多いかもしれませんが、預金も立派な資産運用ですし、投資の中にもいろいろな方法があります。

それでは、どのように資産の運用先を決めれば良いのでしょうか。
ここでは、資産運用に際して何を考えるべきかについて触れていきたいと思います。

リスクとリターン

資産運用の方法を決めるうえで、まず考えるべきは、リスクとリターンです。
当然ですが、金融商品にはそれぞれ特徴があり、リスクやリターンが異なります。高いリターンが期待できるものもあれば、リスクが小さく安定的な運用が期待できるものもあります。

投資の世界では、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンが原則です。
リスクが高いものはリターンも高く、リスクが低いものはリターンも低い傾向にあります。リスクが低く高いリターンが期待できる金融商品はありません。

例えば、預金は元本が保証されているため、非常に低いリスクで運用できます。しかしその一方で、わずかな金利しか得られませんので、リターンも非常に低いと言えます。
次に株式について考えてみましょう。株式は価格の変動が大きく、それだけリスクが高い金融商品ですが、値上がりしたところで売れば、売却益という高いリターンが期待できます。

このように、金融商品や投資法でリスクとリターンは異なってきますので、それぞれの特徴をしっかり理解して運用先を決定しましょう。ちなみに一般的な金融商品を考えると、預金は最もローリスク・ローリターンで、次に債券、株式はハイリスク・ハイリターンとなります。レバレッジを効かせて、小さな資金で大きな利益が期待できる為替投資法であるFXは、最もハイリスク・ハイリターンと言えるでしょう。

人には、向き不向きがある

「リスクとリターンを考えて、実際に資産の運用先を決定したから、あとは実際に実行すればOK!」なのですが、もうひとつ頭に入れておかなければならないことがあります。
それが、投資家自身の性格です。

人間にはそれぞれ生まれ持った性格があります。性格が向き不向きを生むのですが、これは非常に厄介な問題です。
例えば、過度なリスクを背負いたくないから、インデックス投資で長期的な運用をしようと考えているとしましょう。実際にインデックス投資を行ってはみたものの、毎月積み立てるだけで退屈過ぎるため、当初予定していなかった売買を繰り返してしまう…このような方は、インデックス投資のような長期運用より、株式やFXのデイトレードのような投資法の方が向いているかもしれません。

このように、性格が邪魔をして計画通りに動けないということは往々にしてあります。もちろん慣れもあるでしょうが、性格を変えるということは非常に難しいものですので、別の資産運用方法を考えた方が良いケースもあるでしょう。

これは、性格とともにライフスタイルについても同様のことが言えます。短期間でお金が欲しければ、長期運用は向いていないでしょうから、インデックス投資よりもデイトレードを行った方が良いかもしれません。

資産運用の方法は様々ですが、以上の点を考慮して、自分にピッタリの運用先を探してみてください。

2012年11月17日
カテゴリー:投資の基礎知識

このページの先頭へ