アセットアロケーションはこう決める!

アセットアロケーションは、運用成績の80%以上を決めるとも言われています。
それほど重要なアセットアロケーションですから、闇雲に決める訳にはいきません。適切なアセットアロケーションの先にインデックス投資での成功が待っています。それでは、どのように決めるべきなのでしょうか。以下では、アセットアロケーションの決定方法を解説します。

考慮すべきはリスクとリターン

アセットアロケーションを決定する上で考慮すべきなのは、リスクとリターンです。
自分がどれほどのリターンを期待し、どれほどのリスクまで許容できるかが問題になってきます。「これだけのリターンが欲しいなぁ…でも、リスクが高くなり過ぎるなぁ…」といった感じでイメージすることが必要です。

もちろんリターンは高い方が良いに決まっているのですが、期待するリターンが高まれば、それに伴いリスクも高くなってしまいます。ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンが投資の原則ですので、リターンばかりを追っているとリスクがあまりにも高くなり過ぎてしまいますし、損失を恐れるあまりにリスクを抑えていると期待リターンが低過ぎるアセットアロケーションになってしまいます。

リスクを背負いすぎない

両者のバランスを取ることが大事なのですが、自分の許容範囲を超えるリスクを背負ってしまい損失を被ってしまっては何の意味もありません。そのため、まずは自分が許容できるリスクを明確にし、許容できるリスクの中で、可能な限りリターンが高まるようにアセットアロケーションを行いましょう。

実際にリスクとリターンを計算していくとなると複雑で大変な作業になりますので、このようなツールを使ってシミュレーションしてみると良いと思います。

2012年10月30日
カテゴリー:アセットアロケーション

このページの先頭へ