積立投資で長期運用

インデックス投資がどのようなものかは分かったけど、どのように投資していけば良いか分からないという方もいらっしゃると思います。しかし心配無用、方法は簡単です。

インデックス投資はコツコツ積み立てるだけ

その方法は、インデックスファンドを毎月積み立てていくだけ。つまり、インデックスファンドの積立投資による長期運用です。
インデックスファンドは信託報酬が低く、長期保有に向いています。インデックスファンドと積立投資は非常に相性が良い組み合わせと言えるのです。 長期投資に有効なドルコスト平均法を用い、インデックスファンドを毎月一定額、積み立てていきましょう。

ちなみにETFは、約定時に手数料がかかってしまいますので、月々の積立には販売手数料がかからないノーロードのインデックスファンド(投資信託)をおすすめします。

自動積立サービスなら、ほったらかしでOK

積立投資は、毎月自分のタイミングで投資信託を購入しても良いですし、証券会社の自動積立サービスを利用することもできます。
自分で投資している感覚を味わいたいという方は、毎月自分の好きなタイミングで買い付けてもおもしろいでしょうし、少しでも投資の手間を減らしたいという方は、自動積立サービスを利用すると良いでしょう。

証券会社の自動積立サービスでは、毎月購入する投資信託と月々の積立金額、買付日を設定しておけば、毎月自動で積み立ててくれます。

自動積立サービスの最大のメリットは、超少額から積立投資ができることです。一般的には最低1,000円、カブドットコム証券やSBI証券では500円の超少額から積立が可能です。
投資家自身が手動で買い付けるとなると、一般的には最低10,000円からの投資になりますが、自動積立サービスを利用することで、毎月の小遣いから手軽に投資を始めることができます。

2012年10月30日
カテゴリー:積立投資

このページの先頭へ