インデックスファンドで海外分散投資

インデックスファンドを購入することで様々な国や地域に投資をすることが可能になります。
インデックス投資では、分散投資をすることがリスクの軽減につながりますので、日本国内だけでなく、新興国も含めた海外への投資をおすすめします。

海外投資でリターン追及

日本経済はバブル崩壊以降、低迷し続けています。少子高齢化が進み、生産年齢人口が減少し続けるであろう日本経済が、今後劇的に成長していくとは考えにくいでしょう。高いリターンを得るためには、日本国内だけでなく海外への投資が必要と言えます。特に新興国は、将来的に大きな成長が見込まれます。リスクが高い分、高いリターンが期待できますので、ポートフォリオに組み込んでみてください。

海外投資でリスク分散

また近年では、アメリカに端を発したリーマンショックやヨーロッパ諸国の債務問題と世界経済は厳しい状況が続いており、いつどこの国が危機的な状況に陥るか分かりません。日本でも、いつ国債暴落が起こってもおかしくありません。ひとつの地域の資産への偏重は大変なリスクを抱えることになります。

また、現在の日本は歴史的な円高水準にありますが、今後、円安の進行が起こると想定すれば、円高である今の内に外貨建ての海外資産を保有しておくことは、非常に大きなメリットになります。

単一の国の資産だけを保有することは、非常に大きなリスクをはらんでいますので、国内だけでなく海外へも投資を行い、リスクを分散することが必要です。この観点から見てみると、預貯金が資産の大半を占めている日本人の資産構成は非常に危険と言えます。

投資信託を用いれば、先進国はもちろん、新興国を含めた世界中の国や地域に投資することも簡単ですので、より高いリターンを求めるため、またリスクを分散させるためにもインデックスファンドを通して、海外へ分散投資を行いましょう。

2012年10月30日
カテゴリー:実践インデックス投資

このページの先頭へ