簡単で手軽なインデックス投資

インデックス投資とは、日経平均株価やTOPIX等、特定の指数(インデックス)に連動した金融商品に投資をする投資手法です。

市場平均値を求める

インデックス投資とは、具体的には、インデックスファンドという指数に連動するように運用されている投資信託やETF(上場投資信託)に投資をすることで市場の平均値と同様の運用成績を上げることを目標にした投資法です。そのため、投資先の指数が上昇すれば利益が上がり、指数が下落すれば損をするということになります。例えば、TOPIXに連動するように運用されている投資信託を購入した場合、購入時よりもTOPIXが上昇すれば利益が出ますし、TOPIXが下落すれば損をしてしまいます。

インデックス投資では、成長しそうな企業、つまり個別の株式銘柄に投資するのではなく、成長しそうな市場全体に投資するのです。例えば、日本国内の個別の企業ではなく、日本の株式市場全体に投資するということです。ちなみにインデックス投資では、株式だけではなく債券等にも投資できます。

誰でも簡単なインデックス投資

なぜ市場平均と同様の成績を求めるインデックス投資を勧めるのかというと、市場平均以上の成績を収めるには細かい分析と豊富な知識が必要になり、そのような投資法は、誰もが成功を収める投資法とは言えないからです。

対するインデックス投資は、インデックスファンドやETFを購入するだけという簡単な投資法です。深い知識やテクニックは必要ありませんので、投資初心者の方や時間の少ないサラリーマンの方等にもおすすめの投資法と言えます。

更に、インデックス投資は、毎月コツコツと積み立てて行くことを基本とする投資法ですので、少ない投資資金でもはじめることができます。お金がないと嘆く前に、まずはしっかり勉強して、インデックス投資をはじめてみましょう。

2012年10月30日
カテゴリー:インデックス投資

このページの先頭へ