日経平均株価とTOPIX

日本国内の株価を表すものに、日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)という2種類の指数があります。
また、インデックスファンドにも、日経平均株価に投資するものとTOPIXに投資するものの2種類があります。

それでは、日経平均株価連動型のインデックスファンドとTOPIX連動型のインデックスファンドのどちらに投資すれば良いのでしょう?

この問題を考える前に、まずはこの2つの指数について簡単に理解しておきましょう。

日経平均とTOPIXは算出方法が違う

日経平均株価とTOPIXでは、算出方法が全く異なります。
日経平均株価は、東証1部上場企業の内の225銘柄の株価を単純に平均して算出したものです。
対するTOPIXは、東証1部上場企業の全銘柄を対象にしており、株価と株式数を掛けたもの、つまり時価総額が算出の基礎となっています。

このように、これらの指数は算出方法が異なるため、指数の変動のしかたにも、それぞれの特徴が出てきます。
日経平均株価は、株価を算出の基礎としているため、株価が高い銘柄の株価変動が指数に大きな影響を与えることになります。
一方TOPIXは、時価総額をベースにしているため、時価総額が大きい銘柄の株価変動が指数に影響を与えやすくなります。

投資をするならTOPIXが一般的

ここで、冒頭のどちらの指数に投資すべきかという問題ですが、TOPIXが時価総額つまり企業規模をベースにしたものであるのに対し、日経平均株価は単純な株価をベースにしているという点、そして何よりTOPIXが東証1部上場企業全銘柄を算出対象としており、ポートフォリオのバランスがとれているという点からTOPIX連動型のインデックスファンドに投資することをおすすめします。

もちろん日経平均株価に投資するファンドが悪いということではありませんが、日本株式へ投資するファンドというとTOPIXに投資するものが一般的です。

2012年9月22日
カテゴリー:投資の基礎知識

このページの先頭へ