毎月積み立てるならETFよりインデックスファンド

インデックスファンド以上に低い信託報酬が魅力的なETF。
しかし、信託報酬が低いからと言って、インデックスファンドではなくETFを毎月積み立てるのは、賢い方法とは言えません。
その理由は、手数料にあります。

手数料を考慮すべし

ETFは、投資信託同様1万円程度の低額から購入できますが、投資信託と異なり株式の売買と同様の手数料がかかります。
証券会社により金額は異なりますが、国内株式の場合は1回の売買で、少なくとも100円程度の手数料が必要(手数料は、約定代金によっても異なります)となり、ETFの売買にも同様の手数料がかかることになります。
これは取引手数料の低い国内ETFの場合であって、海外ETFを取引する場合には、より高額(一般的には日本円で2,000円以上)の手数料を負担しなければなりません。

そのため、ETFを毎月積み立てると、その度に手数料が必要になり、コストがかさむことになってしまいます。
インデックスファンドは販売手数料がかからないノーロードファンドが一般的ですので、1回あたりの購入量が少ないと、せっかくの信託報酬の低さをムダにしてしまいます。
ETFを購入するときは、手数料で損をしない程度のまとまった金額を買い付けるようにしましょう。

また、ETFはインデックスファンドのように金額指定での注文ができず、株数単位での売買となってしまいますので、インデックスファンドの方が積み立てやすいと思います。

インデックスファンドからETFへリレー投資

積立投資を続けていると、当然インデックスファンドへの投資額が積みあがってきます。
このような状況で、そのままインデックスファンドを保有しているとETFに比べ割高な信託報酬を負担し続けることになります。

ここで有効なテクニックがいわゆる「リレー投資」です。
リレー投資は、積み立ててきたインデックスファンドを売却し、それと同額のETFを購入することで、これまで保有していたインデックスファンドをそっくりそのままETFにすり替えたのと同様の結果をもたらす方法です。

こうすることで、ETF購入のための手数料を節約するとともに、今後負担する信託報酬を節約することができます。

「インデックスファンドの積立→ETFへのリレー投資」
コストを抑えるには非常に有効な方法ですので、ぜひ実践してみましょう。

2012年9月17日
カテゴリー:インデックス投資

このページの先頭へ