投資の世界のリスクとリターンって?

投資を行うときに重要な概念がリスクリターンです。

リターンとは

リターンとは、投資により得られる収益のことです。
つまりは、運用成績のことを言います。100,000円を投資して、10,000円の利益が出れば10%のリターンを得られたことになります。

リスクとは

リスクとは、結果(リターン)の不確実性を指します。
分かりやすく言うと、結果(リターン)のブレ(変動)のことです。標準偏差と考えると分かりやすいかもしれません。

例えば、100万円を元本として投資をしたとします。
結果(リターン)が90万円から110万円の間で収まる投資信託Aと結果(リターン)が80万円から120万円の間で収まる投資信託Bがあったとすると、投資信託Bの方がリスクが高いことになります。

一般的にリスクというと「危険性」といったネガティブなイメージがありますが、投資の世界のリスクは、ネガティブにもポジティブにも働くものなのです。

インデックス投資はリスクとリターンを理解することから始まる

インデックス投資では、このリスクとリターンを理解し、自分がどれ程のリスクなら許容でき、どれ程のリターンを望んでいるかということを明らかにすることが非常に重要です。このリスクとリターンを基に自分のアセットアロケーションを構築し、インデックスファンドを積み立てていくからです。これらを理解することは、インデックス投資のはじめの一歩ですので、ここでリスクとリターンの意味をしっかりと理解しておきましょう。

2012年9月12日
カテゴリー:投資の基礎知識

このページの先頭へ