投資信託のメリットとデメリット

投資信託のメリットとデメリットのまとめです。

投資信託のメリット

少額から投資できる

投資信託は、一般的に1万円から購入することができます。
個別の株式銘柄を購入する場合には、10万円単位のお金が必要なことが多いため、それに比べると投資信託は安価な金融商品となっています。更には、毎月500円から積立が可能な証券会社もありますので、非常に手軽に始めることができます。

1種類の投資信託を買うだけで、分散投資が可能

投資信託は、複数の株式や債券に投資します。そのため、たった1種類の投資信託を購入するだけで複数の銘柄の株や債券に投資したことになりますので、簡単にリスクの分散も可能です。

世界中の株や債券等に投資が可能

投資信託は、通常個人では購入できないような国や地域の株式等にも投資を行っていますので、先進国から新興国まで世界中の金融商品に投資が可能になります。

投資のプロに運用を任せられる

投資信託を運用するのは、プロのファンドマネージャーです。そのため、投資に関する深い知識がない方でも、リターンが期待できます。

投資信託のデメリット

元本が保証されていない

預金金利以上のリターンを期待できる一方で、銀行預金とは異なり元本が保証されていないため、損をすることもあります。

コストがかかる

運用を投資のプロに任せるため、それに伴う手数料等が必要になります。
それぞれの投資信託によって、コストの額は異なりますので、コストを比較した上で購入する投資信託を決定しましょう。

投資信託には、元本割れの危険性やコストといったデメリットがありますが、少額から誰でも手軽に投資ができるという点は非常に魅力的です。投資資金は、守らなければならないお金とキッチリ分けて上手に運用しましょう。

2012年9月11日
カテゴリー:投資信託・ETF

このページの先頭へ