運用をプロに任せられる!投資信託とは

投資信託とは、投信とも呼ばれ、投資家から集めたお金をまとめて、それを運用のプロが株式や債券等に投資する金融商品のことです。

投資家は、投資信託を購入することでプロに資産運用を任せることができます。つまり、自分の資産を運用のプロに預けて、資産運用をしてもらうのと同じことが可能になるということです。投資に対する知識がない投資初心者の方でも、投資信託を購入するだけで資産運用ができますので、はじめて投資に挑戦する際には非常におすすめの金融商品です。

投資信託に関わる会社

投資信託には、販売会社、運用会社、信託銀行という3種類の会社が関わっています。

販売会社とは、証券会社、銀行、郵便局等の投資信託を販売する会社のことで、運用会社とは、投資家から集めたお金で資産の運用を行う会社のこと、信託銀行は、投資家から集めたお金が預けられる銀行です。
我々投資家は、販売会社(証券会社、銀行、郵便局等)を通して投資信託を購入しますが、その際に支払ったお金は、信託銀行に預けられることになります。そして、運用会社が信託銀行に指示を出し、資産の運用を行います。

投資信託を購入する際に支払った投資家のお金は、このような流れで運用されています。

銀行がつぶれても投資家の資産は大丈夫

投資信託には複数の会社が関わっていることが分かったと思いますが、もし、これらの投資信託に関わる会社が倒産した場合、投資家の資産はどうなってしまうでしょうか?投資を行うにあたって、このようなリスクもしっかり考えておかなければなりません。

しかし、投資信託の場合には、このような心配は必要ありません。
まず、販売会社と運用会社が倒産した場合ですが、これらの会社が倒産したとしても、資産を保管しているのは信託銀行ですから問題はありません。投資家の資産には傷は付きませんので、大丈夫です。
それでは、信託銀行が倒産した場合はどうでしょう?
投資するお金を管理している銀行が潰れたら、投資家の資産も終わりだろうと思われるかもしれませんが、この場合でも問題なし。投資信託の資産は、信託銀行の財産とは区別して保管することが法律で義務付けられていますので、投資資金には影響なしです。

投資信託で投資をはじめてみよう

投資信託は、プロに運用を任せられますし、ビギナーにも非常におすすめできる金融商品です。

ただ、預金と違い、元本割れをする可能性があり、またコストもかかります。この点には注意が必要ですが、誰でも手軽に投資を始めることができるという点は投資信託の大きなメリットです。
投資信託の投資対象は株式や債券、REIT等、様々ですので、自分に合った投資信託を見つけて資産運用をはじめてみましょう。

2012年9月11日
カテゴリー:投資信託・ETF

このページの先頭へ